テーマ:映画

「おくりびと」アカデミー賞受賞!

「おくりびと」がアカデミー賞外国語映画賞を受賞しました! 受賞の瞬間は鳥肌が立ちましたよ~!! 前評判が良かったり、 今朝のみのさんの番組で情報が漏れて おくりびとが受賞しそうだ なんて言ってましたが この目で見るまでは信じられなかったな~。 スピーチする監督が思いのほか明るくて元気で驚きました。 もっくんやひろす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

徹子の部屋~新藤兼人95歳現役監督☆

新藤兼人監督を応援します! 眼光鋭く そして慈愛に満ちたお顔は 95年の歳月を物語るものでした。 陸に上がった軍艦 http://www.oka-gun.com/ 弱兵だった自分の視線から 戦争を見つめた作品だそうです。 客観性をもつために 自ら監督を務めなかったとのことでした。 福岡でも上映してほしいです…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

教科書は教えてくれない戦争

映画「戦争と人間」シリーズを WOWOWが連日 一挙放送しました。 1970~1973年 原作 五味川純平 監督 山本薩夫 いまでは大御所といわれる俳優の面々が大勢出演しています。 滝沢修、芦田伸介、高橋悦史、浅丘ルリ子、 北大路欣也、吉永小百合、中村勘三郎、 三國連太郎、岸田今日子、石原裕次郎、 栗原小巻…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

「硫黄島からの手紙」を観れば憲法改正なんて有り得ない

渡辺謙さんが話していたように クリント・イーストウッドが監督をして良かったんだと思えた。 日本人であれば感情的、感傷的になってしまうから。 客観的な視野で日本人の戦争を描く一方で 日本人の内面を繊細に、そして温かく表現されていましたね。 日本の役者たちも皆 自然で素晴らしい演技でした。 喜ばしいのは若手の役者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

めちゃカワ♪「Happy Feet」 前売り券の特典♪

やっと3月上映となりました「Happy Feet」! 映画館に行くと 大きなポスターやディスプレイがされていました。 もちろん一緒に写真を撮りました(恥ずかしながら) 前売り券の特典は色々あれど この「ベイビーマンブルのストラップ」にかなう物などないでしょう! 携帯電話よりデカイときたもんだ(#^.^#) かさ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

映画「ラッキーナンバー7」は・・・↓

なんとも豪華なキャスティングなので これは見ておかないと!!!と思い わくわくしながら映画館へ・・・ ところが だるい!ねむい! 何がアカン言うて編集が悪い!! ぶつ切りすぎ 巧妙な編集ではなく 無意味なチカチカ感に目が疲れた 後半はテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「『硫黄島からの手紙』渡辺兼が語る」について

「『硫黄島からの手紙』渡辺兼が語る」について そうなんですよ! 謙さんいいこと言うんですよね~(~-~) あのアホ議員は元国際なんとか評論家だから、 あの戦争の敗因は物資の補給力不足なんだと この冷静な統括を私は言い続けているのです と言いたげで、 そこんとこを声を大に訴えたいから これ幸い 謙さんの人気を借りてしまお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木更津~やデス~よりも「父親たちの星条旗」を観よう

クリント・イーストウッド監督とスピルバーグが タッグを組んだとなれば期待大でしょう! ということで観に行きました。 まず館内のシートに着席して思ったこと。 なんと平均年齢が高いことか! 私が一番若者やった。 ほとんどが50代~って感じで、 隣に座ってたおじさんたちの話題は 当たり前…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「トウモロー・ワールド」のリアルさ

設定は現代より ほんのちょっと未来なだけ そこが いい。 SFっぽくなく リアルに状況を感じることができた 世界中が政府 対 反政府グループの戦いにあけくれ 人間は繁殖能力を失い、滅亡を待つばかり 政府が配給するのは自殺用の毒薬 希望の無い世界を生きる人々 これって現代と何も変わりはないじゃない 物語の中では…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

抱腹絶倒☆ナチョ・リブレ

ジャック・ブラック主演の「ナチョ・リブレ」を観た! さぁいこぉ~~~う !(^▽^)! この人の作品にハズレはナッシングなのだ~!! 笑いあり(おおいに) 涙あり(泣かなかったけどジンとはくる) 人生の教訓あり 人生って素晴らしい! 人って素晴らしい!! そんなダメ人間への応援映画でしたね(TvT) 私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

HAPPY FEET(ハッピー フィート)のアメリカ公式サイトが最高!!

映画館でセンセーショナルな予告編を観た☆ 最初は雪山でペンギンが歌いだしたので 「ああ ディズニーか何かの予告か・・・↓」 ところが  この「マイ ウェイ」を歌うペンギンの表情に興味をそそられ、 すると すかさずこのペンギンの後ろに 4頭のバックコーラスが現れ 手拍子に 振り付けに …
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「ワールド・トレード・センター」を観た

ニコラス・ケイジが出演するのだから 何かがあるに違いない!と思った。 さらにオリバー・ストーン監督やし。 単なる英雄もので終わらないだろうと。 確かにアメリカが大好きな 単なる英雄物ではなかった。 9.11は本当にたいへんな出来事で 被害にあった方々には心が痛みます。 だけど …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N・シャラマン監督の「レディ・イン・ザ・ウォーター」

寓話が神話になり現実になるストーリーだった。 シャラマン監督のすごいところは 様々な人種を力まずに使いきっているところ。 キャラクターのバックボーンをも ストーリーに絡ませていく手腕は流石です(^^) 人は皆 存在意義があり 自覚はなくとも 何かしらの役どころがあるものだ。 それに気づかせてくれたのが この…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「X-MEN:ファイナル デシジョン」は期待を裏切らないぞ~!

いや~面白かった~!! え~?そぅくる~!?の連続で、 ほんで?ほんで?どうなんの~??? 久しぶりに心臓がドキドキしました☆ まだ観ていない人は是非 映画館へ(^^) あれも言いたい これも言いたい~! でも観ていない人のために 細かな事は何も書きません。 ただ人は何のために戦うのか。 人権や倫理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっと「シャーク・テイル」を観た

声優陣がハリウッドスター軍団なのが良い。 魚のアニメを見ているのに、 ウィル・スミスに見える見える。 ジャック・ブラックに見える見える。 ロバート・デ・ニーロに見える見える。 マーティン・スコセッシに見える見える。 もちろんキャラクターを俳優に似せているのだが、 本当にうまくマッチしていた☆ ただストーリーは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「パイレーツ・オブ・カリビアン2」 ショ~ック☆

そんなアホな~!!の連続だった☆ 一番ショックだったのは、予告編でのジャックのセリフ 「ドレスがないのなら、むしろ何も着るな」が、 「裸で俺の部屋に来い」という直接的なセリフに訳されていた。 え~~~~お洒落じゃな~い! 予告編の方がよかった~~~!! そして二番目にショックだったのは デッドマンズ・チェス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ウルトラヴァイオレット」酷評らしいが・・・

アメリカのユーザー評価を見たりすると散々で、 確かに予告だけ見てると 「キル・ビル」や、「バイオハザード」のパクリみたいやったけど、 意外や意外!! 面白かったし、内容もあったよね☆ 近未来 人間とウイルスに侵された新人類の存続をかけた闘い。 新人類のミラたちには個々に優れた能力があり、 それを怖れた人間たちに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

M:i:III なかなか ええんでないの~♪

シリーズものの第3作目って たいてい面白くないんよね~。 でも M:i:III は楽しめたよ! 2時間 飽きることなく観続けられたもんね。 まずは オープニングの回想シーン つかみはO.K! お決まりのテーマ曲が流れ(デン・デン・デン・デ・デ・デン・・・) マッチ棒から点火された導火線がジリジリと燃えていく …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

「ナイロビの蜂」それなりだった

私のお気に入り レイチェル・ワイズ が アカデミー助演女優賞に輝いた作品 ・・・っていうから観に行ってみたのに・・・。 これなら「ニューオリンズ・トライアル」の方が よっぽど緊張感があったし、 「コンスタンティン」の方が 演技力を必要としてたと思うな~(~_~) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡辺謙 初主演作「明日の記憶」 泣きます!

いや~~~~泣きましたX2 (T-T) タオル地のハンカチじゃぁ足りなくて さらにティッシュ1袋 使い切りましたよ。 こんなに泣いたの めちゃめちゃ久しぶりですわ。 広告代理店の部長で バリバリ仕事をやってのける50歳手前の パワー溢れる中年男性 人の名前が出てこなくなり 生まれ育った街で迷子になり 約…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

オペラ座の怪人 やっと見た~(^^;

WOWOWで録画してから何ヶ月経ったことか・・・。 ようやく見たよ~ 2時間以上かけて。 ところが ガッカリ な結果でした。 ミュージカル仕立ては演技に集中できないのか??? 皆 表情が硬く 動きもかったるい。 衣装や小道具は凝っているけど 内容がね~・・・。 ファントムなんて顔の半分は出ているのに、 Vフォ-・ヴ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「アンダーワールド エボリューション」は玄人好みだった

アンダーワールド エボリューションを観てきましたよ~!! 200人は入れるシアターに観客は6人。 あたし以外は 50代~の方々。 うちら夫婦以外は 皆1人で観に来てましたね。 何なの? この不思議ワールドって?? 相当 玄人好みな映画やったってこと??? そうかもしれない。 めっちゃ面白かったもの~☆ 前作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「Vフォー・ヴェンデッタ」は傑作でした☆

あまり多くは語りません。まだ観ていない人のために・・・。 とにかく 後味ひく面白さ でした☆ この時機に この映画を この日本で上映する なんて とても因縁めいていて、鳥肌ものです。 近未来の設定ですが、 現代社会の問題点を次から次へと浮き彫りにし、 解決法を我々に問いかけてくるのです。 画も脚本も構成も GO…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

「サウンド・オブ・ミュージック」って名作やったんや~♪

不朽の名作みたいに言われてるけど 見たことなかった。 ミュージカルって あんまり興味ないし。 でもWOWOWでやってて なんとなく見てた。 大佐が男前やったから(^-^) ジュード・ロウに激似!以上やね♪ 男爵夫人もかっこいいオンナで 脇役が良いね☆ いきなり歌い出しちゃうのには ビックリするけど。 舞台での大佐が歌う「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コールド・ケースは映画以上のクオリティ

WOWOWドラマの「コールド・ケース」は(最近は再放送をしている) 私のなかで上位を占める優れた作品です☆ 日本のくっだらないドラマなんて足元にも及ばないほどクオリティが高いのです。 ストーリー、役者、構成、編集、音楽の使い方・・・全てに長けている。 1シーンの無駄もない、洗練された1話完結タイプ。 ハリウッド映画は年々 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

女ならキング・コングに惚れるでしょ?!

映画「キング・コング」を観ましたか? 興行成績は あんまりやったみたいやけど、私は好きやな~♪ やっぱ最新のCG技術ってば素晴らしい! キング・コングの表情豊かで、目と目で通じる瞬間があるって素敵☆ 私の主人は前2作品とも知っているので 「話が同じでつまらない」 「前作のコングの死体の腕から蘇らせて~・・・」ってそれってタ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

シャーリーズ・セロン主演の「スタンド・アップ」を観た

邦題は「スタンド・アップ」でしたが、原題は「ノース・カントリー」でしたね。 北の国・・じゃぁ日本ではヒットしませんわな。 「北の零年」や「北の国から」を連想してしまうもの(^^) この作品は良かったよ!老若男女に観ていただきたいっ!! 裁判のシーンから始まって回想シーンへと時間が戻っていく。 最初 この女性は誰と何について…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本人は「ロード・オブ・ウォー」を観るべきだ★

ニコラス・ケイジ主演、只今上映中の「ロード・オブ・ウォー」を観た。 世界を股にかける「武器商人」の話。 これが実話ってところに この作品の凄みがある。 いま現在も世界の至る所で、銃によって人が殺されているでしょう。 この作品は「映画」 ですが、「現実」でもあることを 観て・感じ取ってほしいと思います。 銃で人が虐殺され、…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

Mr&Mrsスミス を観た☆

ブラピとアンジーのために書かれたような脚本だった。 こんなん地でいけるんとちゃうん?みたいな(^^) それとも 二人の演技力が素晴らしいのか・・・? 脇役も良く、マンガのような話の割りに アメリカだと こんなこともあるのかも?って 思っちゃうくらい自然な出来上がりでしたね☆ 殺し屋のライバル会社に勤める二人。 お互いの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more