12人全員無罪!おめでとうございます!!

のどかで本当に人が良い鹿児島にも
悲しい事件がありました。

志布志公選法違反事件です。

とにかく事件そのものが無かったのです。
まったくの「捏造」「でっちあげ」でした。

田舎のおじさんおばさん達が
いきなり犯罪者扱いに。

警察の「踏み絵取調べ」は有名な話になりましたが
自白を強要する手段は他にも多々あり
どれも本当にひどいものでした。

自殺未遂者がでるほど。

その現場にたまたま居合わせ
命を助けた方がいらっしゃいます。

「なぜ死のうとしたんだ」との問いに
「警察は私の話を全く信じようとしない」と答えたそうです。

その方の証言さえも捏造され、
「私に 死んで罪を償います と答えた」と調書に記述されていた。

警察の捏造大好き体質には ほとほとあきれ返りますが
弱いものには強く 強いものの犬 状態には怒りを感じます。

市民・県民・国民の信頼を回復したいのであれば
この事件をでっちあげた者を逮捕するしかないのでは?
究明するべき矛先を きちんと修正してほしいものです。

とりあえず
司法がまともな判決を出してくれたことにホッとしました。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック