「硫黄島からの手紙」を観れば憲法改正なんて有り得ない

渡辺謙さんが話していたように
クリント・イーストウッドが監督をして良かったんだと思えた。
日本人であれば感情的、感傷的になってしまうから。

客観的な視野で日本人の戦争を描く一方で
日本人の内面を繊細に、そして温かく表現されていましたね。

画像


日本の役者たちも皆 自然で素晴らしい演技でした。
喜ばしいのは若手の役者たち。
日本映画の未来に期待できる余韻を残しました。

私が一番印象に残っているのは
西郷の友達で清水がきた時 明るく声を掛けてあげた
あの役者です。
上官が自爆死を命令するシーン~
泣きながら手榴弾を手に取る・・・
上官の言葉に彼自身は消えさり
次々と自爆していく周りの空気に呑まれていく・・・
あの数分間は映画ではなかった。
私は確かに日本の戦争の中にいた。

現代を生きる私たちには
自爆死や万歳特攻なんて何でするんやろ?
無駄死にやん って冷静に考えることができる。

でも当時の多くの人々は
限られた情報しか与えられなかった。
西郷のように栗林中将の言葉を聞いていなければ
目の前にいる上官の言葉が絶対となる。
きっと多くの人は こうやって死んでいったのだろうと
容易に想像できるほどリアルで悲しいシーンでした。

アメリカ視点の「父親たちの星条旗」も
日本視点の「硫黄島からの手紙」も
訴えていることは同じ。

戦争には何もないのだ。


謙さんが語っていた中での私のお気に入り(私の解釈です)

かつては戦争をしていた日本とアメリカが
現代 共に映画を作った。
それもお互いが深い傷を負った戦争がテーマの。

この現実が語っている
人種や国が違っても 私たちは解り合えるのだと。








この記事へのコメント

この記事へのトラックバック